流産の確率を上げる物質が発見!流産予防の決め手は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
流産の確率を上げる汚染物質の対策

流産は防げるの?

流産の確率を上げる原因に、医薬品や感染症などによる体内汚染があります。

その多くは自分が注意することで、ある程度防ぐことができます。しかし防ぎようがない汚染経路があったのです。それが食品からの食物連鎖汚染です。その流産の確率を左右する原因物質が判明しました。

流産の確率を高める汚染物質

へその緒から検出される化学物質へその緒から、様々な化学物質が検出されています。その検出率は100%で、妊婦さん全員が程度の差はあれ、汚染していることになります。

ここでは、へその緒から検出された10種類の化学物質についてご紹介します。

それ以外の薬品などの影響については「誰にでも起こりうる先天性異常の種類と原因」でご紹介しております。

胎児に悪影響をあたえる化学物質

ここでご紹介している化学物質の多くは、数十年前に製造が中止され、使用も禁止されています。しかし魚介類の食物連鎖や土壌汚染による農作物を通して、私たちの身体に入ってきます。そして蓄積した結果が、赤ちゃんに影響を与えています。それが流産の確率を上げる原因ともされています。

全般的な特徴!

これらの化学物質は、低分子で脂溶性という性質があります。一度体内に入ると排出しづらく、脳や子宮などの狭き門も楽々通過し、蓄積する特徴があります。また自然に分解されずらく、今でも土壌や河川、海や人体を汚染し続けています。

ダイオキシン類

へその緒(臍帯)から微量ながらも100%の確率で検出されます。

いろいろな種類があるので「ダイオキシン類」といわれます。ごみの焼却(不完全燃焼)や薬品の合成時に発生します。自然には分解されにくいので、長い間土壌を汚染し続けることになります。

発がん性物質で、催奇性も確認されています。米国がベトナム戦争時に枯葉剤として散布し、その後奇形児が大量発生したことでも有名です。

PCB類/ポリ塩化ビフェニール

ダイオキシン類の一種で、人工的に生産された有機塩素化合物です。

耐熱性や絶縁性に優れているため、変圧器やコンデンサーに使われていました。しかし「カネミ油症事件」をキッカケに、1973年に製造と輸入が禁止されました。それなのに汚染し続けています。

DDT/ディクロロディフェニルトリクロロエタン

殺虫剤成分で、以前はマラリアや発疹チフスなどの伝染病対策に使われました。強力な殺虫効果により、農薬や害虫駆除剤としても効果を発揮しています。

日本では、戦後の衛生状態が悪い時代に、子供たちに直接振りかけていました。その後DDTの危険性が問題になると、1971年に農薬の登録が終了しています。製造販売も中止になってから40年以上経っていますが、今でも川底や海底、人体から検出されます。

DDE/ディクロロディフェニルディクロロエチレン

DDTが体内で代謝され、生成される物質です。DDTが検出されない人でも、100%検出されます。

ヘキサクロロベンゼン

除草剤、殺菌剤、防カビ剤として使われました。発がん性が認められ、肝臓・腎臓・甲状腺にも影響を与える。

1979年に製造・輸入が禁止されていますが、今でも検出されます。2001年のストックホルム条約にて、残留性有機汚染物質に指定されました。

ヘキサクロロシクロヘキサン

家庭用殺虫剤や農薬として使用されていましたが、日本では1971年に使用が禁止されています。発がん性変異原性が認められています。

エンドサルファン

農薬として現在も使われています。特に中国では大量に使われています。神経中枢血液に影響をあたえ、肝不全腎不全が生じることも確認されています。

トランスノナクロール

シロアリ駆除剤や農薬として、1986年まで使われていました。体内からは100%検出されます。

トリブチルスズ

船底に貝が付着するのを防止するために、塗料に混ぜて使われていました。今でも使っている国があるようです。海洋汚染は微量ですが、沿岸の貝類(イボニシガイ)などに、生殖器異常が数多く発生しています。

カドミウム

鉱石の採掘や精錬する際に環境を汚染します。今でも「ニッケル・カドミウム電池」に使われています。軟骨化症腎障害を起こすことで、富山県のイタイイタイ病の原因にもなっています。喫煙者の血中からも、高濃度のカドミウムが検出されます。

流産予防の決め手とは?

これらの汚染物質は、体内に長く存在します。特に子宮を汚染して流産や染色体異常の原因とされます。しかし有効的な対処法はなく、問題を分かりながらも対策が取れずにいました。

そんな中、改善の可能性がある成分は発見されました。それは米国のマサッチューセッツ工科大学の研究班によって確認されました。その成分が「リゾレシチン複合体」です。かなりの確率で汚染物質を無害化し、流産の確率を低下させることが期待されます。

詳しくは「流産の予防に期待!リゾレシチン複合体の効果とは?」でご紹介しています。

まとめ

私たちの周りには、多くの有害物質(化学物質)があります。意識的に防ごうとしても、すべてをシャッタアウトすることができません。それらの物質が胎児に影響をあたえ、流産の確率を高めている疑いはぬぐいきれません。予防策としては、それらの物質を無害化、または排出する努力をすることで、少しでも流産の確率をさげることが可能と考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*