流産についてのQ&A

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
流産Q&A

念願の授かりもの!しっかり育みたいですよね!

何としても避けたい「流産」の不安や悩みを、Q&Aでまとめました。ちょっとした気遣いで、流産を回避することもできます。

 

流産とは?

 妊娠したのに、赤ちゃんが死んでしまうことを「流産」といいます。妊娠22週(赤ちゃんがママのお腹の中でしか生きられない)前に妊娠が終了すると、すべて「流産」になります。流産の8割は、妊娠12週未満に起こります。

流産の確率は?

妊娠後、流産する確率は8-15%といわれています。子宮環境を整えることで、確率は減ると考えられています。

流産の原因はなんですか?

 流産の多くは、赤ちゃんの染色体の異常が原因とされています。受精した瞬間から「流産」が決まっていた、とすることも言えますが、子宮の環境によっても影響を受けます。

流産の種類はどれだけありますか?

 流産は原因、症状、進行具合、状態、回数、その他によって分類されています。さまざまな流産の詳しいご紹介は「流産の種類と対処法!」をご覧ください。

流産を回避する方法はありますか?

流産は、赤ちゃんの染色体異常が主な原因とされています。そのまま成長できないために、自らが流産すると考えられています。少しでも流産のリスクを減らすには、胎内環境を整えることが有効と思われます。胎内環境は「***」で詳しくご紹介しています。

流産の症状にはどんなものがありますか?

症状がまったくない場合と、ある場合があります。「稽留流産」や「化学流産」などは、症状がありません。症状がある流産でも、通常範囲の出血や腹痛の場合と、激しい痛みがともなう場合があります。

激しい痛みの場合は、危険な「進行流産」や「子宮外妊娠」の恐れもありますので、急いで専門医を受診してください。「流産の種類と対処方法!」でも詳しく説明しています。 

流産に兆候はありますか?

流産には兆候がある場合と、ない場合があります。上記の「流産の症状」を参考にしてください。

流産の多い週はいつですか?

流産の種類によって、発生の多い週は変わります。しかしその多くは妊娠12週までに起こります

いつまで流産の恐れがありますか?

妊娠21週6日まで流産の恐れがあります。それまでにきちんと育たず成長が止まったり、子宮外の外に出てしまったりしたら流産になります。胎児は妊娠22週目になるまで、子宮内でしか生きられません。

流産の8割以上は妊娠12週までに起こっていて、妊娠16週目以降の妊娠中期には流産の確率は低下します。

切迫流産とはなんですか?

切迫流産とは、流産一歩手前の状態のことをいいます。他の流産はすでに胎児(胎芽)が死んでいることをいいますが、切迫流産はまだ生きており、そのまま成長を続けることも多くあります。

切迫流産の正しい知識と適切な対処で赤ちゃんは成長できます。詳しくは「切迫流産の症状・原因・対処! 」でご紹介しています。

早期流産とはなんですか?

妊娠12週までに起こったすべての流産を「早期流産」と呼びます。流産の8割がこの早期流産に該当します。

初期流産とはなんですか?

妊娠初期は妊娠15週までをいいます。その期間内に起きた流産の総称を「初期流産」といいます。その中でも、妊娠12週までに起こるものを「早期流産」といい、全流産の8割を占めます。

化学流産とはなんですか?

妊娠検査薬では妊娠の可能性を示していたのに、超音波検査(エコー検査)をしたら、妊娠が確認できなかった場合が、これにあたります。妊娠超初期に流産した恐れもあり、自覚症状がないか生理と勘違いしていることもあります。

自然流産とはなんですか?

人の手を介さず流産したことを「自然流産」といいます。その反対が「人工流産」で妊娠中絶のことを指します。

稽留流産とはなんですか?

稽留流産(けいりゅうりゅうざん)は、すでに流産しているのに、出血や腹痛などの自覚症状なない状態のことをいいます。「稽留流産の詳しい説明と対処法!」でご確認ください。その後、激しい出血や腹痛で危険な状態になることもあります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*