できたかも!1分でできる妊娠初期症状診断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
妊娠初期診断

妊娠したかも?!と思い、妊娠検査薬を使ってみたけど、陽性の反応がない・・・
でもそのあともずっと体調が優れない・・・どうしてだろう・・・
妊娠初期の様々な症状をセルフチェックしましょう。

妊娠初期症状って?

妊娠によってホルモンバランスが変わることによって出てくる症状を、「妊娠初期症状」といいます。 この妊娠初期症状は、生理予定日より前から表れる場合があります。初期症状は、生理前に感じる症状や、風邪の症状と近いことから、「そろそろ生理かも・・・」「風邪かな??」と勘違いする妊婦さんも少なくありません。

生理がちょっと遅れた程度の時期では、妊娠検査薬に反応しません。
妊娠とは、卵子と精子が受精して、子宮内膜に着床すること。妊娠すると、女性の体は赤ちゃんを育てていくために様々な変化を起こします。

待ち遠しい妊娠。その発覚は、少しでも早いほうが望ましいもの。もし、服薬している人が妊娠に気づかなかったら、薬によって、赤ちゃんに何らかの悪影響が及ぼされる可能性も。いち早く妊娠に気づくためには、生理予定日付近から妊娠の兆候が出ていないか、セルフ妊娠初期症状チェックをすることが大切です。

妊娠初期症状は、生理予定日の1週間前頃から現れます。「妊娠超初期症状」とも呼ばれます。生理前の状況がいつもと違う場合は、自分の体調や精神面に目を向けてみましょう。

今回は、妊娠初期によく現れる症状を「体調の変化」「精神面の変化」という2つに分けて紹介します。該当する項目が多いほど、妊娠している可能性が高いということです。もしかして妊娠かな?と思ったら、まずは自分で妊娠初期症状をチェックしてみてください。

検査薬の前に妊娠初期症状チェック

妊娠検査薬妊娠かな?と思ったら、まず妊娠検査薬!と考えますよね。しかし、妊娠検査薬で判定の精度が上がるのは、生理予定日から1週間後以降。それより前に妊娠検査薬でチェックしても、「陰性」という結果になる場合があります。

しかし、後日改めて検査すると、「陽性」に判定が変わっていたということもあります。 先ほども述べたとおり、妊娠初期症状は、妊娠検査薬よりも早く妊娠の兆しを告げてくれます。妊娠初期症状チェックの結果、妊娠の可能性が高そうであれば、お酒を控えたり、服薬の相談をしたりと早めに心の準備をしておきましょう。

妊娠初期症状チェックの方法

妊娠初期の症状ここからは、妊娠初期に見られる症状をまとめて紹介します。ここで挙げる項目に該当するものが多いほど、妊娠の可能性が高いということになります。 妊娠初期症状は、生理前の体調不良や、風邪と似た症状。つい見過ごしてしまいがちですが、赤ちゃんからのサインをしっかり受け取ってくださいね。

体調から見る妊娠初期症状チェック

妊娠に備えた基礎体温妊娠初期症状として、体調の変化として合われる症状には、次のものがあります。

  • 少量の出血がある(着床出血)
  • おりものに変化がある(血が混ざっている、においが変わる、透明でサラサラになる)
  • 微熱が続く(高温期が2週間以上続いている)
  • 熱はないのに、風邪の症状がある
  • 頭痛がある
  • 生理痛のような痛みを下腹部に感じる
  • 腰や足の付け根の痛みを感じる
  • 眠気が取れない
  • 下痢や便秘など、排便が通常ではない
  • 食欲がわかない・食欲が増す
  • 吐き気を感じる
  • ほてりを感じる
  • 胸のハリを感じる
  • 疲れやすい
  • ニキビや吹き出物が増える
  • 喉が渇く
  • トイレの回数が増える
  • 鼻水、くしゃみが出る(自律神経の乱れから、妊娠性鼻炎になる人も)

妊娠初期症状は、体の熱さや頭痛、倦怠感を伴うので、風邪の症状と非常に似ています。ただ、咳やのどの痛みは、ウイルスで引き起こされるもの。その場合は、風邪も疑いましょう。

精神面の妊娠初期症状チェック

妊娠中の精神的変化また、妊娠すると、ホルモンバランスの変化により、メンタル面にも影響があります。次のような傾向があったら、それは妊娠の証かもしれません。

  • 情緒不安定になる(感情の起伏が激しくなる、イライラする)
  • 涙もろくなる
  • 匂いに敏感になる
  • 食事の好みが変わる(好物が食べられなくなる、嫌いなものが食べられるようになる、酸っぱいものを欲する)

妊娠初期症状チェックの注意点

今回ご紹介した妊娠初期症状チェックは、あくまで自己診断。妊娠初期症状には個人差が大きいということも頭に入れておきましょう。

日頃から基礎体温に注目しておこう

基礎体温を計りましょう妊娠初期症状チェックだけでは、妊娠の有無が判断しにくいもの。少しでも判断材料を増やすために、日頃から基礎体温を記録する習慣をつけましょう。 自分の生理周期もつかめますし、妊娠初期症状チェックの検討もしやすくなります。

妊娠しているかもと思ったら

妊娠初期症状チェックで該当項目が多かったら、妊娠が確定する前でも、生活を見直しましょう。妊娠がはっきりしていない時期でも、赤ちゃんは成長しています。

お酒を控えたり、バランスの良い食事をとったり、規則正しい生活を送ったり…赤ちゃんへの影響はないか考えながら、行動してみてください。

そして、生理予定日1週間後を目処に、市販の妊娠検査薬を使いましょう。(フライングして、生理予定日周辺に検査をすると、妊娠しているにもかかわらず、陰性反応が出ることがあるので注意してください。)陽性であれば早めに産婦人科を受診し、そこから先は、しっかり医師の判断・指示を仰いでくださいね。

妊娠初期セルフ診断 まとめ

  • 生理前の体調不良や風邪の症状があればまず自己チェック!
  • 情緒不安定になったり匂いや食事の好みの変化がある場合も。
  • 日頃から基礎体温をつけましょう。
  • 妊娠検査薬は反応のでやすい生理予定日の1週間後から。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*