妊娠初期の出血の原因は?症状別原因チェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
妊娠初期の出血

もしかして妊娠したかも!と喜んだのもつかの間。突然の出血に驚いてしまう妊婦さんは多いです。妊娠初期の出血は、流産に繋がる場合も・・・。

妊娠初期の出血の色や量は、人によってさまざまです(茶褐色のおりものや、少量の出血、生理のような出血、大量の鮮血など)。そして、妊娠初期の出血の原因は一つではありません。

例えば、着床時に起きる「着床出血」であれば心配ありません。しかし、妊娠初期に大量に出血し、痛みも強い場合は、子宮外妊娠や早期流産の可能性もあります。

妊娠初期に出血すると、「流産したのでは?」と不安に思うはず。しかし、妊娠初期は、そもそも出血しやすい時期でもあります。受精卵を着床させるために、子宮の粘膜が充血を起こしやすい状況にあるからです。

ですので、妊娠初期の出血だからといって、あまり神経質になる必要はありません。妊娠初期の出血=すぐに流産というわけではないので、安心してくださいね。

この記事では、妊娠初期の出血の種類や、症状、考えられる原因を簡単に紹介します。現在妊娠初期の方も、妊活中の方も、赤ちゃんと自分を守るために、知識として頭に入れておきましょう。もし、異常が続くようであれば、すぐに産婦人科を受診してくださいね。

妊娠初期の出血の色と症状

まずは、妊娠初期の出血で見られる症状を解説します。出血の色と量でも、ある程度原因と危険性は判別できます。

赤・ピンクの少量出血(おりもの)

おりものに赤やピンク色の出血が混ざっている場合は、少量の鮮血が出ているということです。

ただ、少量で痛みがなければ心配はありません。妊娠中は、膣内や子宮に血がたまり、非常に出血しやすい状態。内診の刺激で出血した…ということが多いです。また、胎盤が成長する際に少し剥がれてしまった時も、少量の出血があります。

ただ、量が増え、長引くようであれば診察を受けましょう。

鮮血の大量出血

大量の鮮血が出て、お腹の張りや痛みを感じている場合は、すぐに診察に行きましょう。流産の可能性があります。

ちなみに、妊娠22週未満の妊婦が診察を受けると、症状にかかわらず「切迫流産」と診断されます。しかし、「切迫流産=流産」というわけでないので、この点は安心してくださいね。

茶褐色のおりもの

茶褐色のおりものは、「過去の出血がおりものに混ざったもの」。出血から時間が経ち、酸化しているので茶色になっているのです。

赤ちゃんの成長にともなって毛細血管が切れ、その出血が原因と考えられます。この場合は、流産の心配はほとんどありません。長引く場合は、産婦人科医に相談しましょう。

妊娠初期の出血の原因

次に、妊娠初期に出血してしまう原因を紹介します。

着床出血

妊娠初期の着床による出血受精卵が着床するときに、出血する場合があります。受精卵の絨毛組織が、子宮内膜を傷つけてしまうのが原因です。人によって色も量もさまざま。2~3日で終わる人もいれば、生理と同じくらいの量が出る人もいます。受精から1週間~10日で着床するため、ちょうど生理予定日と同時期に出血します。着床出血=妊娠に気づかない、ということも多いです。

絨毛膜下血腫

胎盤と絨毛「じゅうもうまくかけっしゅ」と呼びます。受精卵は、着床後に絨毛組織を伸ばして、胎盤を作ります。その過程で、血管が傷つき、血腫(血の塊)ができる場合があります。その血腫(子宮外に出てくる際に起きる出血)です。

赤ちゃんが無事なら、妊娠は継続できます。対処としては、安静が指示されることが多いです。絨毛膜下血腫があるのに初期に無理をすると、血腫と一緒に受精卵も出てきてしまう可能性があるからです。妊娠5ヶ月ごろには、自然と症状もおさまります。

子宮膣部びらん

子宮膣部に炎症が起き、ただれて出血する状態です。ただれている状態なので、内診等の刺激で出血します。妊娠中以外にも起きる場合があります。また、膣炎や膣びらんの場合もあります。特段治療は不要ですが、薬の投与を受けることもあります。

子宮頸管ポリープ

こちらも、妊娠初期に関係なく発生する病気。子宮頸部にできる腫瘍で、そのほとんどが良性です。痛みはなく、ポリープからの出血で発見されることが多いです。場所や大きさによって対処が変わり、経過観察となることも。もし、早産の危険性がある場合には、切除となることもあります。

 

流産の危険性がある出血の原因

ここから紹介する3つは、流産の危険性がある原因です。

子宮外妊娠

子宮外妊娠受精卵が子宮の中以外に着床してしまう症状です。この場合、残念ですが妊娠は継続できません。

妊娠検査薬でも陽性反応が出るので、妊娠特別が難しいです。卵管に着床することが多いですが、受精卵が育つスペースがないので、破裂してしまいます。この場合は、大量の鮮血、ひどい腹痛と言った症状があります。できる限り早く、受診しましょう。

早期流産

妊娠12週より前に流産してしまうことを「早期流産」と言います。妊娠初期の流産は、赤ちゃんの遺伝子や染色体異常が原因であることが多いです。この場合も、妊娠を継続することはできません。

出血が続く、大量出血がある、腹痛がある(生理痛に似たチクチクとした痛みや、お腹の張り)場合は病院に行きましょう。

胞状奇胎

500人に1人の割合で発生する病気です。子宮の中で絨毛が水泡化し、子宮全体に広がり、赤ちゃんを吸収してしまいます。胞状奇胎の場合も、妊娠を継続することはできません。つわりのような症状が強く、出血が長引く場合は、受診しましょう。

妊娠初期の出血の原因 まとめ

  • 薄い色の出血や茶褐色のおりものは比較的安心。長引く場合は医師に相談を。
  • 妊娠による初期の出血は、着床出血・絨毛膜下血腫子・宮膣部びらん・子宮頸管ポリープの可能性も。
  • 妊娠初期の大量の出血は、流産の危険性のある子宮外妊娠・早期流産・胞状奇胎の可能性も。すぐに病院へ!

いかがでしたか。妊娠初期の出血は、あまり心配がないものも多いとはいえ、不安なときは意思の診察を受けてください。その時は、「出血の色・量」「いつから続いているか」「その他の症状」「お腹の張り・腹痛の有無」などをまとめて伝えると、スムーズに診断できます。

赤ちゃんと自分のために、体調の変化には敏感になっておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*