研究報告書:リゾレシチン複合体の生体反応分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
リゾレシチン研究結果

成分は細胞に吸収されて、始めて有効性が発揮されます。そのため細胞がどれだけ吸収できたか?どれだけホルモンが反応したか?を検査しました。

その結果ほぼ90~100%が吸収され、A~Eの5段階評価ではトップクラスの評価がなされました。

 

生体反応分析とは、細胞の吸収率や、ホルモンがどのように反応したかを測定するものです。

分析試験は、リゾレシチン複合体(低分子レシチン複合体)、通常のリゾレシチン(低分子レシチン)、通常のレシチン(低分子化されていないもの)の3種類のレシチンを比較して行われました。

その結果、リゾレシチン複合体以外の細胞吸収率は1~2%であったのに対して、リゾレシチン複合体は90~100%が細胞に吸収されていました。

またホルモンの反応試験では、A~Eの5段階評価のうち、ほぼAランクの評価をいただきました。

「リゾレシチン複合体」生体反応試験の結果

 ホルモン生成    リゾレシチン複合体   通常のリゾレシチン   通常のレシチン
 細胞吸収率  生体反応  細胞吸収率  生体反応  細胞吸収率  生体反応
 視床下部 ポリペプチド            
 ・甲状腺刺激ホルモン(放出)  99%  22%  2%
 ・生殖腺刺激ホルモン(放出) 0.5%  9%   0.05%
 ・副腎皮質刺激ホルモン(放出) 97%  9%  2% 
 ・成長ホルモン(放出) 96%  14%  4% 
 ・成長ホルモン(抑制) 0.1%  0%   0.001%
 ・ソマトスタンチン 0.4%  0%  0.004% 
 視床下部 アミノ酸誘導体            
 ・プロラクチン抑制因子 0.3%  0%   E 0.0001%   E
 下垂体後葉 ポリペプチド            
 ・バソブレシン 99%   A 20%   D 5%   E
 ・オキシトシン 1.1%   A 0.01%   E 1%   E
 下垂体前葉 糖たんぱく質            
 ・甲状腺刺激ホルモンα 99%   A 8%   E 2%   E
 ・甲状腺刺激ホルモンβ 98%   A 9%   E 2%   E
 ・濾胞刺激ホルモンα 99%   A 8%   E 2%   E
 ・濾胞刺激ホルモンβ 0.8%   A 0%   E 1%   E
 ・黄体形成ホルモンα 98%   A 1%   E 1%   E
 ・黄体形成ホルモンβ 97%   A 2%   E 1%   E
 下垂体前葉 たんぱく質            
 ・成長ホルモン 100%   A 21%   D 4%   E
 ・プロラクチン 100%   A 21%   D 4%   E
 下垂体前葉 ポリペプチド            
 ・副腎皮質刺激ホルモン 100%   A 13%  5%   E
 下垂体中葉 ポリペプチド            
 ・メラニン細胞刺激ホルモンα 0.2%   A 0% E 11%   E
 ・メラニン細胞刺激ホルモンβ 0.3%   A 0%  E 12%   E
 ・メラニン細胞刺激ホルモンγ 0.1%   A 0%  E 14%   E
 甲状腺 アミノ酸誘導体            
 ・チロキシン 96%  20%   D 2%   E
 ・トリヨードチロシン 98%  18%   E 2%   E
 甲状腺 ポリペプチド            
 ・カルシトニン 96%   A 17%   E 2%   E
 副甲状腺 ポリペプチド            
 ・副甲状腺ホルモン 100%   A  20%  D  2%  E
 副腎皮質 ステロイド            
 ・コルチゾル 91%   A 2%   E 1%   E
 ・コスチコステロン 92%   A 11%   E 2%   E
 ・アルドステロン 90%   A 0%   E 2%   E
 ・β-エンドルフィン 85%  2%   E 1%   E
 副腎髄質 アミノ酸誘導体            
 ・アドレナリン 99%   A 9%   E 1%   E
 ・ノルアドレナリン 98%   A 19%   D 2%   E
 ・ドーパミン 100%   A 6%   E 1%   E
 ・セロトニン 100%   A 9%   E 1%   E
 心房 ポリペプチド            
 ・心房性ナトリウム利尿ペプチド 68%   B 1%   E 2%   E
 胃・消化器 ポリププチド            
 ・ガストリン 95%  A 19%   D 1%  E
 ・コレシストキニン 96%   A 6%   E 2%  E
 ・モチリン 97%   A 0%   E 1%  E
 ・ガラニン 96%   A 7%   E 1%  E
 腎臓 ポリペプチド            
 ・アンギオテンシン 99%  22%   D 3% 
 膵臓 ポリペプチド            
 ・インスリン 74%  B 2%  E 1% 
 ・グルカゴン 89%  B 14%  E 0% 
 ・膵ポリペプチド 92%  A 29%  D 2%   E
 十二指腸 ポリペプチド            
 ・セクレチン 85%   B 11%   E 0%   E
 精巣 ステロイド            
 ・テストステロン 99%   A 16%   E 21%   D
 卵巣 ステロイド            
 ・エストラジオール 0%   - 0%  -  0%   -
 ・プロゲステロン 0%   - 0%   - 0%   -
 脂肪酸誘導体ホルモン            
 ・サイクリック 100%   A 12%  E 23%  D
 ・プロスタグランジンE1 96%   A 15%  E 20%  D
 ・プロスタグランジンE2 98%   A 21%  D 4%  E
 ・プロスタグランジンF1 81%   A 29%  D 2%  E
 ・プロスタグランジンF2 99%   A 1%  E 4%  E
 ・プロスタサイクリン 100%   A 13%  E 3%  E
 脂肪酸誘導体ホルモン            
 ・リポトロピンα 98%   A 20%   D 20%  D
 ・リポトロピンβ 98%   A 21%   D 2%  E
 ・リプトロピンγ 92%   A 1%   E 2%  E
 ステロイドホルモン受容体            
 ・ステロイド反応領域 98%  A 20%   D 2%   E
 ・70 99%  A 3%   E 6%   E
 ・90 90%  A 5%   E 1%   E
 ペプチドホルモン受容体            
 ・結合Gタンパク質 100%  A 11%  E 7%   E
 ・タンパク質αS 99%  A 16%  E 3%   E
 ・タンパク質α1 99%  A 18%  E 3%   E
 ・タンパク質β 99%  A 14%  E 22%   D
 ・タンパク質γ 0.1%  A 0%  E 0.5%   D
 ・アデニル酸シクラーゼ 98%  A 17%  E 5%  E
 ・ホスホリパーゼC 99%  A 16%  E 8%  E
 ・チロシンキナーゼ 97%  A 11%  E 3%  E
 カテコールアミン受容体            
 ・アセチルコリン 100%   A 18%  E 20%   D
 ・プロテインキナーゼ 97%   A 11%  E 2%   E
 ・グリコゲン 98%   A 11%  E 2%   E
 ・ホスホリラーゼa 96%   A 12%  E 2%   E
 ・ホスホリラーゼb 96%   A 8%  E 2%   E
 *ラットに10gを給仕して、1時間後に解剖したのち吸収量を測定した。 単位はmg/1      

*出典:「食べるだけでIQEQが高まる」著者 神津健一 医学博士(ダイセイコー出版)、研究報告書:K・リゾレシチンの生体反応分析ほか

結論

リゾレシチン複合体は、ホルモンの分泌をバランスよく促すことが確認できた。その結果、胎児の成長にとって大変有効な環境を維持することができると考えられる。発育遅れの防止や発育促進にも効果が期待できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*