リゾレシチン複合体の化学物質耐性試験の報告書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
リゾレシチン 試験結果

この試験でリゾレシチン複合体は、化学反応を起こさない(体内で変質しない)ことが分かりました。

また化学物質に対して極めて強いこと、有害物質を中和もしくは無害化していることも判明したのです。

 

2002年5月米国マサチューセッツ工科大学とプリンストン大学の研究班が、化学物質に対する化学変化耐性試験が行われました。

リゾレシチン複合体(*1)、通常のリゾレシチン、5種類の神経伝達物質に対して、69種類の化学物質を反応させた。その結果、リゾレシチン複合体が、もっとも優れていることが証明されました。

表中にある(+)は、化学物質によって反応したことを示しています。(+)がついていないのは、何も反応したかったことを示しています。(+)が1つもないということは、極めて化学物質に強く、有害物質を中和または無害化していることを意味しています。

化学物質に対する化学変化耐性試験の結果

 組成分析結果 リゾレシチン複合体  リゾレシチン  αアミドLys  αカルボキシルGlu  αカルボキシルAsp  TYr  システイン
 無水酢酸      +      +  +
 アセチルイミダゾール      +      +
 アクリルニトリル      +        +
 酸無水物(種々)      +      +  +
 酸クロリド(種々)      +      +  +
 アルデヒド(種々)      +        +
 ホルムアルデヒド(種々)      +        +
 芳香族スルホニルクロリド      +      +  +
 アジド    +  +      +  +
 アズラクトン(種々)              +
 ブロムエチルアミン              +
 ブロムビクリン              +
 クロルビクリン              +
 ブロムビクリン酸              +
 N-ブロムコハク酸イミド            +  +
 カルボキシイミド酸        +  +    
 二硫化炭素      +        
 炭酸サブオキシド      +      +  +
 N-カルボキシ無水物      +        
 クロルトフルオルキノン            
 シアン酸誘導体      +        +
 フッ化シアヌル酸            +  
 ビアセチル      +        
 NS-ジアセチル-2-アミノエタンチオール      +        
 ジアルデヒド      +        
 ジケトン      +        
 ジアルキルフルオルリン酸            ±  
 ジアゾメタン      +  +  +  +  +
 ジアドアセトイミド      +  +  +  +  +
 ジアゾニウム塩      +  +  +  +  +
 ジエチルピロカーボナイト      +      +  +
 ジケテン      +        
 ジメチル硫酸      +  +  +  +  
 ジフェニルジアソメタン        +  +  +  
 ジチオナイト              
 エタンチオールトリフルオル酢酸ステル      +        
 エチルアセトイミデ-ト               
 イミドエステル酸            
 N-エチルマレイミド     ±      
 フェリシアン酸塩            
 ヨード安息香酸            
 フルオルジニトロベンゼン           
 グアニルジメチルピラゾール硫酸酸               
 ロハ酢酸             
 ロハ酢酸アミド             
 過酸化水素              ±
 ヒドロキシルアミン                 
 ヒドロキシニトロベンジルプロミド              
 イソシアン酸誘導体                
 ケテン                 
 マロンアルデヒド                
 安息香酸水銀     ±           
 塩化チオニル                
 2-メトキシ5ニトロトロポン            
 ヨウ化メチル                
 0-メチルイソウレア              
 ナフトキノンスルホン酸塩            
 ニンヒドリン             
 ニトロフェニル酢酸エステル           
 亜硝酸               
 オキソゾロン               
 オゾン              
 過酸化物ジオキサン              
 過酸化アセチル硝酸エステル               
 フェニルイソチオシアン酸誘導体                 
 オキシ塩化リン            ±  
 プロピレンオキシド                
 エチレンオキシド                
 テトラニトロメタン                

*1:リゾレシチン複合体/低分子化した大豆レシチンにある栄養素を配合したもの、K・リゾレシチン、出典:「食べるだけでIQEQが高まる」著者 神津健一 医学博士(ダイセイコー出版)、研究報告書:K・リゾレシチンの薬剤(化学物質)に対する化学変化耐性試験ほか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*