妊娠を基礎体温で見分けるコツ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
妊娠を見分けるため基礎体温を測る

妊娠は基礎体温からも分かります。

基礎体温とは、人間が生きていく上で、必要最低限のエネルギーしか使っていない時の体温です。つまり寝ているときの体温と同じですね!

寝ている時の体温を測るには

 基礎体温を測定する!

寝ている時の体温を測るのは難しいので、朝目覚めたらすぐに布団の中で測ります。少しでも動くと体温が上がるので、安静状態で小さな変化も測定できる基礎体温計を使いましょう。 

それを毎日折れ線グラフにして記録します。すると日によって小さな変化はあるものの、2つの大きな温度帯に分かれます。高温期と低温期です。(二相性といいます) 

妊娠していない時の基礎体温とは?

妊娠していないときは、健康な女性であれば高温期と低温期とにハッキリと分かれます。

高温期(高温相)は、排卵日から生理までの約2週間ちょっとの間にあてはまります。これは黄体ホルモンがちゃんと分泌されていることで起こります。

低温期(低温相)は、生理中盤から排卵日までの期間です。このとき体温を上げない卵胞ホルモンが優位になるため、体温が下がります。

妊娠していない基礎体温の変化のグラフ(例)

妊娠していない基礎体温の変化のグラフ(例)


妊娠している時の基礎体温とは?

通常の高温期は2週間ほどで終了します。しかし妊娠すると2週間を超えて高温期が続きます。生理が遅れていて高温期が続くようなら「妊娠」の可能性があります。

これは受精によって、体温を上げる黄体ホルモンの分泌が活性化したからです。

黄体ホルモンは、子宮内膜に働きかけ、ふわふわで厚くします。それは受精卵を着床させる準備です。うまく着床すると、黄体ホルモンは更に分泌をつづけて、受精卵を包み込むように保護します。

妊娠している基礎体温の変化のグラフ(例)

妊娠している基礎体温の変化のグラフ(例)


まとめ

  • 基礎体温は、高温期と低温期の2つに分かれる!
  • 排卵後は高温期が2週間ほどつづくが、妊娠すると3週間を超えて高温期がつづく。
  • 妊娠の可能性がある場合は、すぐに病院で検査しましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*