妊娠初期のアルコールが胎児に与える影響は怖い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
妊婦の飲酒

妊娠初期のアルコールは良くない!そんなことは分かっていますよね。

しかし「なぜダメなのか?」「どのような影響があるのか?」「ノンアルコール飲料なら?」「妊娠初期以外は大丈夫では?」と疑問を持つ人も多いですよね。

この記事では、妊娠初期からのアルコールが赤ちゃんに与える影響についてお伝えします。

 

アルコールの胎児への影響!

ご存知の通り、お母さんが妊娠中に摂取したものから、赤ちゃんの体は作られます。赤ちゃんはアルコールを分解できないため、妊娠初期からお母さんがお酒を摂取してしまうと、さまざまな悪影響が及ぼされてしまうのです。

例えば、低体重や神経系の発育不全、奇形や成人後の障害など。妊娠初期からの飲酒が原因で起こる「胎児性アルコール症候群」は、お酒の摂取さえ控えれば防げる症状です。

ただ妊娠に気づく前に、知らずに飲んでしまったお酒は、あまり神経質にならない方がいいです。

厚生労働省によると、妊娠中の飲酒率は8.7%(2010年)。意外と多い数字です!昨今の障害児の増加とアルコールの因果関係は分かりませんが、赤ちゃんになにか障害が残ってしまったら、後悔してもしきれません。お酒が好きなお母さんも、赤ちゃんのためにしばらくお酒を控えてくださいね。

妊娠初期にアルコールがダメな理由

妊娠初期に飲酒が禁じられる理由は、血液を通して胎児にアルコールを与えてしまうからです。

肝臓が発達していない赤ちゃんは、アルコールを分解することができません。そのため、体内にアルコールが長い時間残り、発達に悪影響が出てしまうのです。

ちなみに、「妊娠に気づかずに、飲酒してしまった」という場合もあるかもしれません。飲酒の開始時期が、胎児の発育に影響を与えるかについてははっきり分かっていません。ただ妊娠に気づいていない時期の飲酒は、少量であれば心配ないことがほとんどです。

「飲酒が悪影響を与えてしまうかも」というストレスの方が、赤ちゃんにとって大きな負担かもしれません、あまり気に病みすぎず、今後の食生活を見直すようにしましょう。妊娠が判明したら、すぐにお酒は控えましょう。もし、その前に大量に飲酒してしまっていたら、産婦人科の医師に相談すれば安心です。

妊娠初期のアルコールの影響

妊娠初期のアルコールは、赤ちゃんにどのような影響を与えるのでしょうか。一般的には、妊娠初期に摂取したアルコールは、脳など赤ちゃんの器官形成に与えるリスクが大きいと言われています。妊娠中期・後期においては、発育の遅れや中枢神経系に影響が大きくなります。

また妊娠初期に多量のアルコールを摂取してしまうと、赤ちゃんが「胎児性アルコール症候群」にかかってしまう恐れもあります。

胎児性アルコール症候群になると、以下の様な症状が懸念されます。

  • 妊娠中、出産後の成長が遅れる。栄養を与えていても体重が減少する
  • 顔面に形成不全が見られる(目が小さい、鼻が低い、頭が小さい、など)
  • 中枢神経系に障害が表れる(直線歩行困難、難聴、知的障害、など)

胎児性アルコール症候群を防ぐには?

厚生労働省によると、胎児性アルコール症候群は

  • 少量のお酒を長期間飲酒するより、短期間に大量摂取するリスクが高い
  • 妊娠後期より妊娠初期に飲酒するリスクが高い

と言われています。しかし「どのくらいアルコールで発症するか」という明確な基準はありません。この胎児性アルコール症候群には治療方法はないため、お母さんが飲酒を控えるしかないのです。

妊娠初期に問題ない飲酒量は?

先輩ママなどから「コップ1杯程度なら問題なかったよ」「妊娠後期になったらOK」と聞いたことがあるかもしれません。しかしお酒は、妊娠が判明したら控えるほうがよいです。赤ちゃんへのリスクを冒してまでも飲酒する必要はありませんよね!

先述の通り、お酒の量と胎児への悪影響ははっきり解明されていません。しかし、少量の飲酒でも赤ちゃんにトラブルが起きる可能性があるのです。欧米では、「ビール250mlなら危険がない」と言われています。ただ。日本人は小柄ですし、この量のビールであっても、決して安全とはいえません。

赤ちゃんの体を守ることができるのは、お母さんだけです。妊娠が判明してから授乳が完了するまで、しばらくお酒は我慢しましょう。

ちなみに、「出産後は飲酒解禁!」と思われるかもしれませんが、母乳育児を行う場合は、授乳中の飲酒もNGです。母乳は、母親の血液から作られるものだからです。どうしても飲みたい場合は、粉ミルク等を使う必要があります。

ノンアルコール飲料は?

最近、ノンアルコールのビールやカクテルが多く販売されています。これなら妊娠中に大丈夫と思われるかもしれません。しかしノンアルコール飲料にも、微量のアルコール(1%未満)が含まれているものがあります。

ノンアルコールだからと安心せず「確認」と「適量」を意識して赤ちゃんを守りましょう。

食事に含まれるアルコールは?

また食事を作る上でもお酒を使う場面は多いですよね。料理酒、みりん、ワインなど、普段の料理に取り入れている人も多いと思います。これらについては、しっかり加熱してアルコールを飛ばして使う分には、安心して食べて大丈夫です。

しかし、意外と気をつけたいのは洋菓子。チョコレートやケーキには、ラム酒やブランデーが使われたものもあります。少しアルコールが残っている場合もあるので、食べる際には注意が必要です。

大人にとっては、おいしく楽しいお酒ですが、残念ながら赤ちゃんにとっては「悪魔」です!お酒が大好きなお母さんも多いと思いますが、我が子のためにしばらくは摂取を控えましょう。赤ちゃんを守れるのは、お母さんだけなのです。

妊娠初期のアルコールのまとめ

  • 妊娠初期は、たとえ少量であってもアルコールを飲まない!
  • 安全な量の基準はありません。影響は成人になってから出ることもあります。
  • もしも気づかずに飲酒した場合は、医師に相談してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*